【携帯代を安くしたい方必見】手間なく簡単に月3000円にする方法

携帯代を月3000円にする方法

毎月の携帯代が月1万円を超えるという方も多いのではないでしょうか?

生活を少しでも楽にするために少しでも節約できることはないかと考えると思います。

生活の質を落とさずに月に数千円〜1万円ほどの節約ができる方法というのが『格安SIM』や『4大キャリアの格安プラン』に乗り換える方法です。

結論から言うとアップルストアでiphoneを買ってきてそこに自分にあったSIMカードを入れます。

大抵の場合、大手で契約するよりもかなり安く携帯を使うことができます。

携帯電話の仕組み

まず携帯の仕組みですが本体のスマホと中に入っているSIMカード(シムカード)があります。

簡単にいうと携帯本体が任天堂switch でSIMカードがソフトです。

携帯会社で携帯を購入するとそれらがセットになって販売されています。

一見セットだからお得かと思うかもしれませんが逆に割高なのです。

これは販売員の人件費や店舗を運営するための店舗代が月々の携帯代に加算されているからです。

なので大手のdocomo,au,ソフトバンクの通常プランで携帯を契約、購入すると月々10000円を超えてくるのです。

ではどうしたら割高な契約を結ばなくて済むのかというと携帯本体とSIMカードを別々で購入すればいいのです。

SIMカード

SIMカードの値段

SIMカードは使うデータ量にもよりますが大体月3000円も出せば困らない程度にデータを使うことができます。

ahamopovoLINEMO楽天モバイルなども3000円以内で契約できます。

他にも格安SIMで調べるとさまざまなサービスの販売会社が出てきます。格安SIMではありませんが楽天モバイルもおすすめで、もちろんSIMカードだけ購入できます。

ahamoやpovo、LINEMO、楽天モバイルなどの徹底比較をしています。

詳しくは『【2022年 保存版】ahamo(アハモ)、povo(ポボ)、LINEMO(ラインモ)、Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)の比較』で読むことができます。

SIMカードの注意点

ここで注意する点としてはSIMカードの形と音声通話は必要かどうかを把握することです。

まず形ですが大中小と3種類あり後でお話をするスマホ本体にあったものを選ばなければいけません。

大きいサイズのSIMカードは標準SIMと言って多くは国産のスマホに使われることが多いです。

中くらいのSIMカードはmicroSIMと言って少し古い機種に多くみられます。

小さいSIMカードはnanoSIMと言ってiphoneなどはこれになることが多いです。

お使いの携帯もしくは新しく買おうと思っている携帯に対応するSIMカードを必ず確認するようにしてください。

そしてSIMカードのサイズ変更には事務手数料がかかります。例えば今使っているSIMカードを新しい携帯を買ってきてその携帯にSIMカードを指したい場合サイズが違うとサイズ変更のために事務手数料がかかってくるというわけです。

新しい携帯を買う場合はそのへんも考慮しましょう。

電話機能

またこのSIMカードは電話番号と紐ずけられています。もし音声通話やSMSをしたい場合で電話番号を変えたくない場合は、前回使っていた情報を新しい格安SIM会社に伝えなくてはいけません。

その場合元々使っていた携帯会社でMNP番号を発行してもらわなければいけません。

MNP番号とは他社に電話番号をそのままで乗り換える場合に発行してもらう10桁の番号で要はセーブデータのようなものです。

携帯会社に言えば発行してくれますので一回問い合わせるようにしましょう。ネットで申し込むと手数料が掛からず発行できます。

携帯本体

本体のロック

次に携帯本体ですが大手のdocomo, au, ソフトバンクで契約するとSIMロックがかかっています。これは簡単にいうとこの携帯は買った会社でしか使えないよという設定がされているということです。

なぜこのようなことになっているかというと他社に顧客を取られないように大手3社はそれぞれでしか携帯を使えないようにしているのです。しかも2015年までこのSIMロックは解除することができませんでした。

ただ2015年までと言ったように今ではSIMロックは解除することができます。

ロックの解除方法

条件は各社ありますが大体100日以上その端末を使って要る場合解除することができます。

お近くのショップか電話インターネットで解除手続きが可能です。

デメリット

ただデメリットとしてSIMロック解除には3000円ほどの手数料がかかります。ネットで申し込めば手数料はかからないので公式サイトからネットで行うことをお勧めいたします。

更に大きなデメリットとしてSIMロックを解除できたとしてもその契約が満期になるまで格安SIMに変更できず結局その携帯を使わなければ行けなくなる場合が多いです。

理由は簡単で解約違約金というのが圧倒的に高く2年間など指定の年数使ったほうが安いからです。

SIMフリー端末

SIMロックされていない端末

最後に最初からSIMロックされていない端末を買う方法についてお話しします。

まずSIMロックがされていない端末のことを『SIMフリー端末』と呼びます。

当ブログ筆者はこの方法をおすすめしているのですが結論からいうとappleやサムスン、ファーウェイなど携帯を売っているところでSIMフリー端末を購入するです。

特にappleストアでiphone買うことをお勧めします。

iPhoneの良さについては『【なぜ人気?】iPhoneを選ぶ理由』の記事を読んでみてください。

iphoneの有用な活用

もちろんappleが販売するiphoneは高いです。現に10万円くらいします。機能が充実していてそれくらいするのは当たり前なのですがiphoneのいいところは売ると高いところです。

最新のものを買ったとしても次の年に60%くらいの値段で売れることもあります。

つまり上記の場合4万円でつかえたことになります。大手でSIMカードあわせて月1万円で契約していたとしても半年も使えばプラスになります。もちろんそれ以上使ってもいいですのでお得度は半端ないものになるでしょう。

SIMフリー端末のメリット

SIMフリー端末は海外に持って行った場合現地のSIMカードを差し替えることができます。

旅行でわざわざ高い1日数千円のプランに変更して現地に着いたら設定をし直すより、現地で使い切りの3ギガとか5ギガのSIMカードを買った方が安いし早いでしょう。

日本以外の他の国ではSIMカードと端末が別売りなのは普通のことなので必ずどこかに売ってあります。

また、SIMフリー端末は縛りがないので大手の2年縛りや解約金の支払いに悩まされることはありません。端末の自由度が高いのはメリットであると思います。

ただ注意点として格安SIM会社には解約金のシステムが有る場合もありますので契約時は注意事項をよく読み解約金に関する点は特にしっかり目を通しておきましょう。

そして、縛りがないメリットには常に安い、もしくは自分にあった契約プランに変更が可能であるというところも大きいです。

最近では特に携帯会社の値下げ合戦が加速化してきています。ご存知の方も多いですがahamoやpovoなど大手も値下げに参戦しています。一番安くてお得、もしくは自分の生活環境にあったプランは刻一刻と変化しているのです。

そういった変化に対応していくためにも縛りはないほうがいいでしょう。

まとめ

SIMフリー端末を購入し自分の生活環境にあったSIMカードを入れることをおすすめします。

大手であるdocomo, au, ソフトバンクで携帯とSIMカードを買うと月々の携帯代が高くなってしまうので別々で買うようにしましょう。

iphoneがおすすめです。

自分にあったSIMカードの契約し、更に縛られず変化に対応できるようにしておくことが大切です。

少し面倒だと思ったかも知らませんが最初に設定しておくと月々10000円支払っていた携帯代が月々3000円になりとてもお得になります。

この月々の積み重ねが皆様の将来に大きなアドバンテージをもたらすことを祈っています。

行動する人から変われるのです。