【メリット多数】成功するための筋トレ術。起業家や投資家はなぜ筋トレをするのか?

【メリット多数】成功するための筋トレ術

筋トレの効果

筋トレにはさまざまな好効果があります。

スタイルの維持は想像しやすいと思いますが他にも生活習慣病などの病気の予防であったり精神面にもいい効果がありますのでその辺についてお話をして行きたいと思います。

成功者と筋トレ

多くの成功者は必ずと言っていいほど筋トレを習慣にしています。

facebookのマークザッカーバーグや元大統領のオバマなど名だたる成功者は筋トレをしています。

筋トレのコスパ

当ブログでは毎日平均1時間をお勧めしておりますがこの1時間でスタイルや健康、メンタル面などその他さまざまな効果をもたらしてくれる筋トレはかなりコスパのいいことだとそういった成功者は考えているのです。

今回は筋トレをすることで得られるメリットについてお話をしていこうと思います。

スタイル維持

基礎代謝

まずイメージしやすいスタイルの維持ですがこれは男性女性両方ともに言えることなのですが筋肉がついていた方が維持するために余分な栄養が使われるので脂肪がつきにくい体になります。基礎代謝をあげることはとても大切なことになります。

つまり、男性も女性も筋トレをした方が普段から好きなものを食べれるしストレスなく生活ができるというメリットがあります。

効率的なダイエット方法はこちらの記事でまとめているので読んで見てください。

女性と筋トレ

特に女性は筋トレをすると筋肉がつきすぎてボディビルダーのようにゴリゴリになってしまうと思っている方も多いですが筋トレのやり方によっては細い筋肉である遅筋を鍛えることによって細くスタイルを維持したまま太りにくい体型を作ることが出来るのです。

筋トレと思い込み

そして筋トレを本気でやって生活を全て筋肉のために捧げて初めてボディビルダーのような体型になれるので健康目的でやった程度の筋トレで大きくなることはありません。

他にも足が太いからこれ以上太くしたくないという人もいますがその大半は脂肪なのでまず筋肉をつけて足の脂肪を落とす生活習慣をつければ足は細くなります。

筋肉は力を入れなければ柔らかいので硬くなってしまうということも少ないでしょう。

男性と筋トレ

また男性も筋トレをすることによっていわゆる逆三角形の体を作ることができますのでスタイルを維持するという観点から筋トレというのは現代必須の科目になると思います。

筋トレをする場合はプロテインも摂取しましょう。

プロテインは薬だと勘違いしている方も多いですが実はただのタンパク質です。

プロテインについてはこちらの記事で詳しく書かれています。

筋トレと体重

ただ、筋肉を増やすということは体重は増えます。理由は簡単で脂肪よりも筋肉の方が重いからです。さらに筋肉を維持させるために水も必要なので蓄えやすくなってしまいます。

ダイエットをしようとしたら思って間違えている方がかなり多いですが筋トレをするのであれば基準にするべきは体重ではなく体型なのです。姿見に写る自分の変化を楽しむようにしましょう。

体重はあくまで数値目標であって厳密にトラッキングする必要はありません。

健康面

生活習慣病

次に最近多い生活習慣病ですが昨今のメタボや糖尿病などのいわゆる現代病が多くなっています。

前記しましたがなにもしないと基礎代謝が下がっていってしまいます。良く若い時はなにもしなくても痩せてたのにとか30歳超えたら一気に肥ったなどききますがこれはもちろん食べる量が増えたとかはあるかもしれませんが大半は基礎代謝が落ちたことによってなにもしないと太ってしまうという現象です。

メタボリックシンドローム

これを対応しないとメタボになってしまうのです。そこで健康診断前にランニングや運動をする人も多いかもしれませんがこれは対症療法で現状を先延ばしにしているだけなのです。

では根本的にはなにをしなくてはいけないかというと筋トレなのです。

習慣的に筋トレをすることによって基礎代謝は維持され太りずらくもちろん肥満やメタボにもなりにくいでしょう。

糖尿病

また運動不足や生活習慣が原因の一つとされる2型糖尿病についても筋トレをすることによって予防の効果があります。

肩こりやむくみ

そして筋肉量があることによって肩こりや腰痛解消、むくみ防止になり元気に日常を過ごすことができます。

要は筋肉動くことによって血液やリンパ液が動き酸素の供給や必要な栄養をしっかり必要な箇所に送り、そして老廃物を排出してくれます。

そして免疫機能も正常に働いてくれるのです。

メンタル面

筋トレと精神面

最後に精神面にもいい影響があります。ここが成功者たちが重視する筋トレのメリットでもあります。本質がわかれば筋トレをなぜするのかというのが良くわかると思います。

自信をつける

まず筋トレをすることによって自信がつきます。もちろん見た目が変わるので自分自身の変化が目に見えてわかるので自信がついてくるのです。

筋トレはやったら結果が出ますしやらなかったら結果が出ないスポーツです。

理由は簡単で筋トレは個人競技であり基本敵がいないので昨日の自分とだけ常に比べられるのです。

習慣にしてやり続けることにより成功体験を圧倒的に多く積み重ねることによりどんどん自信がついてくるようになります。

この自信が成功につながっていることは間違いないと私は思います。

交感神経・副交感神経

次に交換神経・副交感神経を整える作用があります。交感神経・副交感神経とは簡単にいうとそれぞれアクティブに動いている時のスイッチとリラックスしている時のスイッチみたいな感じでそれぞれオンオフを交互に行なっているのです。

これが乱れてしまうと夜寝れなくなったり逆に日中眠くなったりと生活にも支障がでてしまいます。

筋トレをすることによって完全にオンの交感神経マックスの状態が作れるので夜にしっかり眠くなるといった生活リズムが整います。

ホルモンの乱れに筋トレ

また他にも生活のリズムを整えるという意味で体のホルモンバランスを整えるためには筋トレはとてもいい作用をもたらします。

筋トレによってでてくるホルモンは主にテストステロン、セロトニン、ドーパミンなどがあります

テストステロン

まずテストステロンは骨や筋肉、動脈硬化、メタボリックシンドロームの予防、やる気向上や向上心が上がります。

集中力や自信が高まるという研究結果もあるので成功するためには必須のホルモンとも言えるでしょう。

セロトニン

次にセロトニンは心を落ち着かせる、最適な覚醒状態にする、痛みの調整をするなどの効果があります。

これによって精神を安定させるという効果があるのです。

ドーパミン

ドーパミンは多幸感や気分の高揚、興奮などの効果があります。

ゲームなどでもドーパミンはでますがこれは体を痛めつけるというある種のリミッターがあるのでドーパミンが出過ぎないという利点があります。適度の多幸感は人生においてとても大切でしょう。

こういったホルモンが出ることによって自信を持てたりやる気をあげたり、時に心を落ち着かせたり幸せになったりができるというのです。

実践

何をはじめる?

では筋トレと言ってもなにをすればいいか分からないとかジムに行くのはハードルが高いと感じる方も多いと思います。そんな方はまず自宅で腕立てや腹筋、スクワットなどをどれか一つ1日10回でもいいので初めてみるといいでしょう。

そしてそれらをローテーションするとなおいいでしょう。

まずは加点よりも減点をしないことも大切です。

筋トレのNG行為についてもこちらの記事でまとめましたので参考にしてみてください。

小さく始めよう

まずは小さく小さくはじめることが大切でこんなの意味ないとか疲れないとやった感出ないと思うかもしれませんが続かない方が意味がないのです。

自分のできる範囲で最初は疲れないくらいを習慣にしてみてください。

まとめ

筋トレにはスタイル維持、健康維持、精神面などに大きなメリットがあります。

そしてまずは腕立て、腹筋、スクワットのどれか一つを1日10回やってみましょう。

ローテーションで毎日やってみてください。

元気で健康的な体づくりをしていきましょう。体が健康でなければ楽しい人生とは言いづらいでしょう。

1000里の道も1歩からです。その一歩目が今日であることを祈っています。