TeatreeLIFEは移転いたしました。ビジネス本の要約を読みたいという方はこちらから TeatreeLIFE

    【ダイエット】ボディビルダーの痩せるメソッド

    目次

    ボディビルダーの減量メソッド

    ボディービルダーには増量期と減量期ががありこの減量期にやる行動は万人が痩せることが出来るエッセンスが詰まっています。

    今回はそのボディビルダーが痩せるために実践している筋肉を落とさず余分な体脂肪だけを落とす方法について学んでいきます。

    ボディビルダーとは

    ボディビルダーとは

    まずボディビルダーとは筋トレをして筋肉を増やし体脂肪率を極限まで落とした状態で肉体美を競う大会に参加しています。

    その為に毎日筋肉のことを考えてタンパク質の摂取量や回数をこまめにチェックしています。

    もちろんプロテインだけでは美しい肉体にはなれないので筋トレも欠かさずほぼ毎日行っております。

    これを競技のために時間とお金をかけて行っているのが彼らなのです。

    なので人間の体、特に筋肉や脂肪に関してはボディビルダーの方々はかなり博識であるのです。

    彼らが行なっているボディメイクには筋肉と脂肪を一緒に増やしていく増量期と筋肉を減らさず脂肪だけを削ぎ落としていく減量期があります。

    脳筋って?

    よく筋トレをする人に脳筋と言う方がいらっしゃいますがこれは一般の方が想像するダイエットのイメージと彼らのような体に最も効果的なダイエット方法を知っている人との意識の乖離が原因にあると思います。

    例えばボディビルをやっている方で変なタイミングでプロテインを飲まなきゃとなる方がいますがこれも理にかなっていて3時間で血中のアミノ酸スコアが低下し筋肉の分解が始まってしまうのでそのタイミングでプロテインを飲んだ方が筋肉を落とさず脂肪も代謝してくれるという理論なのです。

    一般の方は脳筋とバカにするかもしれませんがこう言ったことを知っていると筋肉を落とさずに脂肪を代謝してくれる体を手に入れることができるので意外とコスパがいいのです。

    一般のダイエットの勘違い

    ダイエットの勘違い

    ではどうやったらダイエットを成功させることが出来るのか。

    例えば5キロ痩せることができて喜んで友達に祝ってもらっていたら10キロ増えていた。なんてことがあったとします。

    リバウンドはよくあるよね。と思うかもしれませんがこれはボディビルをやっていると原因が他にあることに気づくと思います。

    それは5キロの痩せ方です。

    筋トレをせずにただただ食べずにダイエットをすればもちろん人間は痩せます。

    これは脂肪を落としているというのもありますが筋肉も同時に落としているのです。

    筋肉というものは実は脂肪よりも重いので体重が減ったと思っているかもしれませんがこれは筋肉も一緒に削ぎ落としていることになります。

    筋肉を減らせば基礎代謝が落ちるので今まで以上に太りやすくなってしまうのは至極当然のことなのです。

    筋肉がないとどうなるの?

    また筋肉がなくなると身体を支えることができないのでおじさん、おばさん体型になってしまいます。

    他の人から見ても美しい体になるには筋トレは必要不可欠なのです。

    つまりダイエットに筋トレを取り入れることによってリバウンドしにくい身体をつくることが出来るのです。

    往復チケット

    この基本的な考え方ができれば〇〇だけダイエットは最終的にリバウンドへの往復チケットであることに気付くでしょう。

    人間は楽をしたい生き物です。これだけを食べていれば痩せるという甘い誘惑にすぐに飛びついてしまいます。実際に痩せはするでしょう。しかしその先には必ずリバウンドが待っているのです。そんなにダイエットは甘いものではないということです。

    具体的なダイエット方法

    どうやってダイエットするの?

    ではどのように痩せるのがボディビルダー的な痩せ方なのか

    それは摂取カロリーより消費カロリーを多くするということです。

    裏技的なことを期待したかもしれませんが実際にボディビルダーの人たちがやっているのはこういったシンプルなことなのです。

    しかしシンプルですがとても難しいので挫折してしまいがちなのです。

    摂取カロリー

    特に大切なのは摂取カロリーのコントロールでカロリー計算をしてご飯を食べると摂取カロリーを意識することができます。

    実際にこの方法はやったことあると言う方も多いと思います。しかしカロリー計算がめんどくさくて続かなかったという方も多いと思います。

    そういった方はカロリー計算しない方がいいでしょう。

    まずは姿見で自分の体型を確認したら1週間に1回写真をとっていきましょう。

    そうするとその1週間食べたものが消費カロリーより少なければ痩せているし多ければ太っているでしょう。

    そういった変化を写真に記録し1週間ごとに計画を練り直しながらどれだけ食べるかを調整していくのがいいです。

    3食たべよう

    また3食はきっちり食べましょう。

    最近は一日1食というダイエットも流行っていますがこれもずっと続けなければ結局今の正体に戻ってしまいます。

    それがわかっていて一生続けるか健康のために定期的にやるのであればいいのですが筋肉を減らさないという観点からはお勧めはできません。

    タンパク質を取ろう。

    一日3食毎回タンパク質は取るようにするといいでしょう。

    冒頭でも言いましたがタンパク質は血中からなくなると自分の筋肉を分解して爪や髪などを維持させようとするのです。

    タンパク質を定期的に取ることはとても大切なのです。

    特に朝食はタンパク質を抜きがちですのでもし取れないのであればプロテインで補いましょう。

    筋トレの習慣化

    次に運動ですができるだけ毎日行うことを習慣化するといいです。

    ボディビルダーの方も増量期、減量期問わず行います。

    言うのは簡単でなかなか難しいかも知れませんがハードルは低く始めるのがオススメです。最初は腕立て10回でいいのです。

    また仕事から帰ったらやるとかお風呂に入る前にやるなど今習慣になっているものに付随させると習慣化は身につきやすいです

    それを明日も続ければ一生できます。

    【メリット多数】成功するための筋トレ術

    筋トレの注意点

    最後に注意点として筋トレをすると筋肉がつきます。

    筋肉は脂肪よりも重いので体重が増えることもあるでしょう。

    しかし筋肉を増やせばその分消費カロリーをあげることが出来るので筋肉を増やすことはいいことなのです。

    体重ばかりに気を取られて重要なボディメイクが疎かにならないように注意しましょう。

    まとめ

    ボディビルダーに習ってボディメイクをしましょう。

    摂取カロリーと消費カロリーのバランスがとても大切です。

    特に摂取カロリーを抑えることがダイエットのコツで姿見を見て写真に記録を残しながら食事の量を決めましょう。

    体重はあくまで目安なので週に1回とかでも十分です。

    筋トレも毎日やって消費カロリーを底上げしましょう。

    どんなに大変なことも楽しさややりがいはあります。

    自分からそういったものを見つけられると人生は一気に開花します。

    筋トレはその一種なのかも知れませんよ。

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    シェアはこちらから!!!
    • URLをコピーしました!
    目次