【本の要約】『30代にしておきたい17のこと』人生の90%は30代で決まる!

人生の90%は30代で決まる!

こんにちは

本日は『30代にしておきたい17のこと』についての要約をしていきたいと思います。

今30歳代であるという方はもちろんのこと、30歳以下でも今後どのように生きれば良いのかや40歳以上の人でも今からでもやることができるような内容になります。

本書は20代にしておきたい17のことの続編で30代のうちにしておくことで人生を豊かにする内容が詰め込まれています。

『20代にしておきたい17のこと』はこちらの記事で要約しましたので読んでみてください。

30歳という年代は20代のときのように活発に動くのが億劫になってきますし、かと言って40代のように腰を据えた年齢でもないどっちつかずの世代になります。

これは言い換えれば腰を据えるまでの準備期間であり、ラストチャンスになります。

仕事では責任のある仕事を任されたり、結婚を決めるのも30代の人が多いでしょう。

現実を突きつけられるのが30代ということになります。

そしてもし、今の仕事場に不満がある場合は現実的に転職のラストチャンスも30代になるでしょう。

本書の中でも60歳以上の成功者にインタビューをしたところ多くの人たちは

人生の基盤づくりの最も大事な10年が30代であった

30代にしておきたい17のこと

と答えています。

20代で積み上げてきた経験を元に仕事や結婚、住む場所を決定するのが30代であるということです。

今回はそういった人生を決定させるような年代である30代のうちでやるべきことを本書『30代にしておきたい17のこと』を通じて学んで行きたいと思います。

30代にしておきたい17のこと

では内容に入っていきたいと思います。

  1. 『すべてを手に入れることは不可能』だと知る
  2. 変えられることと、変えられないことの違いを知る
  3. 自分の勝ち(負け)パターンを知る
  4. セルフイメージを定期的にチェックする
  5. お金と真剣に向き合う
  6. パートナーや子供を持つかどうか決まる
  7. 自分の居場所を決める
  8. 両親とお別れしておく
  9. 年齢の離れた友人を持つ
  10. 運を味方につける
  11. 自分の中に潜むダークサイドを癒す
  12. メンターから学び、教えを次にまわす
  13. 人脈を金脈に変える
  14. 人生のかけ算で勝負する
  15. 大好きなことを仕事にする
  16. 人生の目的を知る
  17. 自分のお葬式の弔事(ちょうじ)を書いてみる

30代にしておきたい17のこととは以下の通りになります。

この中のすべてを紹介するとかなり長くなってしまうので今回は

4.セルフイメージを定期的にチェックする

9.年齢の離れた友人を持つ

14.人生のかけ算で勝負する

について深堀りしていきます。

セルフイメージを定期的にチェックする

30代にしておきたい17のことの要約1

30代は人生の変化が一気にやってきて仕事面では役職が付きリーダーや係長などと呼ばれたり、結婚や出産などによってお父さん、お母さんなどと呼ばれます。

また家を立てて、大黒柱と呼ばれることもあるでしょう。

このように30代になると役割に縛られて行きます。

これは自立というメリットがある一方で、20代のときよりも現実が見えてしまって自分のことをこんなもんだと決めつけてしまうことが多いです。

20代では無限の可能性を信じていた反面で30代になると自分の限界を想定して行動してしまいがちです。

これは現状維持や怠惰、諦めにつながってしまいます。

そこで大切なことはセルフイメージである自分自身の可能性を確認する必要があるのです。

本書では夢や目標を定期的に確認することや新着状況について書き出して見たり読書をして人の人生にお邪魔することが大切であるということが書かれています。

特に当ブログ筆者自身も月に10冊以上本を読んでいますがこのセルフイメージを定期的にチェックするという点でかなり参考にしています。

こんな生き方があるんだ!とかこんな生活の仕方もいいな!など自分自身と照らし合わせながらそのために何が必要なのかを模索したりしています。

そんなこうなりたい!という感想もセルフイメージのチェックには必要不可欠であると思います。

また、本書では引き寄せの法則という本を紹介されていました。

人間は自分がイメージしたことしか出来ないという本です。

その選択肢を増やすという意味で読書をしてその成功者の生活を引き寄せるという使い方もできるでしょう。

当ブログ筆者がおすすめする本は

頑張らない働き方

DIE WITH ZERO

バビロンの大富豪

などの本は自身のセルフイメージから「こうなりたい!」という生き方を実現しやすいかと思います。

年齢の離れた友人を持つ

30代にしておきたい17のことの要約2

年の離れた友達を持つことは難しいと誰もが思うかもしれません。

しかし、共通も話題や活動があると友人は作ることができるでしょう。

著者は3つの運を持ちなさいと言っています。

『上から引っ張り上げてもらう運』

『横から支えてもらう運』

『下から持ち上げられる運』

30代にしておきたい17のこと

これは年上に引っ張り上げてもらって出世や人生経験を活かすことが出来ます。

同僚や同世代の人に評価してもらったりチームで問題を解決したりすることが出来ます。

年下の友人に専門知識を教えて自身の理解を深めたり、話をして忘れかけていた情熱を思い出したりすることが出来ます。

これらの人とのつながりを運として表現していて見返りや利害を求めないという人間関係を表しています。

こういった人間関係を30代のうちに作っておくことにより、なりたい40代に直接何をしたか聞いてみることが出来ますし、逆になりたくない40代にならないように注意ができるでしょう。

もちろん50代、60代などでも同様です。

また、若い人は今の流行などに敏感なのでそういった世間の動きに自分を持ってくることが出来ます。

人生を豊かにするためにはこういった幅広い交友関係がとても重要です。

交友関係についてはこちらの記事で重要性をお話しています。

こういった人間関係を30代で構築しておくことでその後の人生は大きな配当を受けることができるでしょう。

人生のかけ算で勝負する

30代にしておきたい17のことの要約3

これは様々なビジネス書の中で言われているなようなのですね。

一つの分野で上位10位に入るのは難しいが専門性が2つあればそれを掛け合わせることでその分野で一位になることが簡単にできるということです。

例えば建築業は大手がいるので一位になることは難しいかもしれませんが建築と動物をかけ合わせて犬と人が暮らしやすい家をプロデュースしたり、リフォームしたりする仕事はまだそこまで多くないかもしれません。

他にもITと飲食をかけ合わせれば無駄な工程を省いた自動で出てくるような飲食店を作ることも可能です。

このようにかけ合わせは職業の数だけあり2つだけではなく3つ、4つと掛け合わせることができるので可能性は無限にあります。

『ライフピボット』という本の中でもこれからの働き方は軸を残しながら業種を転換して様々な状況に対応できる準備をしましょうと書かれています。

『ライフピボット』についてはこちらの記事で要約しております。

本業以外にももう一つ副業でリスクを取らずにチャレンジしたり、専門性を身につけるだけでも30代以降の人生では重要なのかもしれません。

そのための準備として人生をかけ算で勝負するためにプログラミングの勉強や簿記の知識は30代のうちにしておくと人生をかけ算にするための起爆剤になってくるでしょう。

まとめ

30代でしておきたい17のことについての要約をしてきました。

30代は人生の90%を決める10年間になります。

40代で腰を据える前のラストチャンスになるでしょう。

本書は『20代でしておきたい17のこと』の続編で30歳のうちにやることを17個紹介し、これからの人生を更に豊かにしましょうという内容です。

今回は17のうち『セルフイメージを定期的にチェックする』、『年齢の離れた友人を持つ』、『人生のかけ算で勝負する』の3つを紹介しています。

-参考図書-

以上