【本の要約】『年収90万で東京ハッピーライフ』本当の自分探しのために

年収90万でも東京ハッピーライフ

今の人生で良いのかとか幸せってなんだかわからない、仕事が辛いという方におすすめの本を紹介します。

それが『年収90万円で東京ハッピーライフ』という本です。

本書をざっくり紹介すると年収が90万円でも東京で楽しく生きることができるという内容になっています。

本書はこの生き方が最高だと言うようなおすすめの生き方を紹介するものではなく、仕事に追われている現代人にもう少し肩の力を抜いて生きて行っても良いのではないか?という老子っぽい考え方の本です。

お金や時間に追われて本当にやりたいことがわからなくなっているという方はぜひ一度本書を読んで見ると「こんな風に生きている人もいるんだ」とか「できることは真似をしてみたい」と考える人はたくさんいると思います。

本書を書いたのは大原扁理(おおはらへんり)さんという方が書いています。

まずは大原扁理さんがどんな方でどんな生活をしているのかに触れていきたいと思います。

大原扁理さん

結論から言うと介護の仕事を週に2日して残りの5日間は図書館で読書をしたりと隠居生活をしています。

大原さんはどちらかというと貧しい生まれで高校を卒業した後、進学や就職を選ばず掛け持ちのバイトをしながら生計を立てていました。

3年後、引きこもり生活で言葉が出なくなってしまいました。

その後、世界一周の旅に出て、帰ってきた後は過酷な労働環境の中、東京の都心部で働きました。

ただその生活が合わず、東京の西部の郊外に引っ越しました。

そこでは仕事を徐々に減らしていき生活水準も下げて、今の東京で週2日、年収90万円で生きて行くという生活に落ち着きました。

しかし週に5日休みがあり、隠居生活に近い生活をしているので本人はかなり幸せであると言います。

自分に最も合う生活スタイルを確立し、自分の気が合う友達と遊び、収入は低くてもお金に困ることなく、毎日幸せに暮らしているそうです。

では大原さんはどんなことを考えてその生活をするようになったのかについて見ていきましょう。

読書家

まず、大原さんは先程紹介したようにかなりの読書家です。

本書を読んだときに一番最初に思ったことは他の本に書かれていることを再現度が高い所で実践している人なんだなという印象でした。

というのも当ブログ筆者自身も月に10冊くらい本を読む読書家の部類に入ると思うので随所にあの本で言われていることを実践したらこうなるんだと言うような生活をしているからです。

例えば頑張らない働き方を実践してやらないことリストを作っていたり、ぼくたちに、もう物は必要ない。という本をに書いてある大切なもので生活するなど様々な生き方を参考にしています。

こういった様々な生き方を組み合わせながら年収90万円で生活をしているんだなと感じました。

フツーって、何?

まずは普通とはなにかについてです。

多くの人は社会的な成功を夢見て毎日努力し続けています。

すごくいいことなのですがそれが自分の人生にあっているかはわかりません。

そして大原さんにとって大切なことは嫌なことをしないことです。

好きなことをするのではなく、嫌なことをしないことで生きていくことが大切なのです。

大原さんにとっての嫌なこととはやりたくないことや長時間の仕事、自由な時間がないということです。

なのでこれらをやらないためにはどうするかというと物欲や生活費を下げるという行動をとっているのです。

つまり、好きなことをするためにお金を稼ぐのではなく、嫌なことをしないために生活費を下げるという引き算の発想です。

なにもみんながみんな成功をするために生きているのではなく、苦痛がない程度に生きることができればいいという価値観があってもいいのではないか?ということです。

もちろん寂しい生き方に感じる方も多いかもしれませんがこれは価値観の違いであり、ちょうどいいバランスのところを自分で見つけることが大切なのです。

大原さんは嫌なことをしないことに価値を感じたので仕事も週に2日しかしないことを選び、それが自分にとっての楽な生き方だったのです。

他人からの100個のいいねより、自分からの1個のいいねのほうが大事なのです。

つまり著者はお金よりも自由を優先した生き方を選択しているということですね。

年収90万で東京ハッピーライフ

この基本的な考え方があるから90万円で生活や貯金もできているのです。

本書では大原さんの「衣食住」についても書かれていますが今回は割愛します。

気になる方は本書を読んでみてください。

毎日のハッピー思考術

次にどんな考え方をすると少ない給料でもハッピーに暮らせるのかについてお話していきます。

お金とうまくやっていくには

まずは少ない給料でやっていくのに一番心配なことと言うのはお金のことではないでしょうか?

確かに時間や自由はほしいとは思うけどお金がないことは不安の一つの要素であると思います。

ただ、大原さんはお金に困ったことはないそうです。

それはお金と友好的であるからだそうです。

お金を擬人化したときに自分のところにわざわざ来てくれたのであるならば大切に使ってあげないと申し訳なくなります。

そして大切に扱うことで使う額が減り、使ってもすぐに戻ってくるといいます。

これはお金だけでなく、物も食べ物も車や家などにも言えることでどんな物にも自分のところに来た理由と去る理由が存在するのです。

お金もぞんざいに扱うと離れていきますし友好的と思えば近寄って来るのです。

スピリチュアル的かもしれませんがお金に好かれる人と嫌われる人は存在します。

そういった違いはここにあるのではないかと思います。

ただ、お金にすべての信頼をおくことは避けたほうがいいと書いてあります。

家族や時間、地域、住居、仕事、才能など様々なところに信頼をちょっとずつ貯めておくことがもしものときの支えになってくれるでしょう。

信頼についてはこちらの記事を読んでみてください

夢や目標がないとだめなのか?

次に夢や目標についても本書では書かれています。

結論から言うと必要ないそうです。

5年後に何をしているとか10年後にはこうなっているなど一見目標があっていいことのように思うかもしえませんがこれは自分を縛り付けているそうです。

大原さんは夢や目標は持ち主と一緒に絶え間なく変化し成長して行くものであると考えていてそこにしがみつくことで帳尻をあわせてしまっては本末転倒です。

もちろん全く必要がないというわけではありませんが過度なレールを自分自身に科すことは自由を阻害してしまうことということですね。

大原さんは世界一周した時や上京したときは自分が隠居をしようと思っていたわけではないと行っています。

ただ、この世界一周や上京がなければ隠居生活をしていなかったとも言っています。

興味があることを色々やってみて今日も元気だごはんがうまいと思えればそれであなたの自由なのです。

ライフピボットという本の中でもう少し詳しく書いてあります。要約しているのでこちらを読んでみてください。

最後に

なかなか触れたことのない価値観であったと思います。

ただ人間90万円年間で稼げれば楽しく生きていけることがわかったのではないでしょうか?

お金をとって自由をなくすか自由をとってお金をなくすか。

今回のお話は極端に自由を取った人の話であると思いますが今の生き方はそのバランスが最適になっていますか?

そんな問が最後に残された面白い作品であったと思います。

まとめ

年収90万でも東京ハッピーライフという本を要約してみました。

著者の大原扁理さんという方が実際に年収90万円で東京の郊外で週休5日で生活していたという本です。

内容は普通とはなにか?ということや大原扁理さんの衣食住など90万円で生活していたときのお金事情、ハッピーに生きるためにはどうすればいいのかが書かれています。

好きなことで生きていく生き方よりも嫌いなことをやらない生き方の方もあるということを教えてくれる本です。

お金を大事にしたり、目標をガチガチに決めすぎないことが大切です。

-参考図書-

以上