TeatreeLIFEは移転いたしました。ビジネス本の要約を読みたいという方はこちらから TeatreeLIFE

    【本の要約】『「パラレルインカム」のはじめ方』進化版FIREとは何か?

    目次

    パラレルインカムのはじめ方

    不動産投資に興味があるという方や所得を増やしたいという方は『パラレルインカムのはじめ方』という本がおすすめです。

    本書は仕事をして稼ぐ労働所得に加えて、不動産事業などの資産所得を持つことでお金に縛られないゆとりある生活を目指すという本です。

    つまり不動産の入門書です。

    そして本書のすごいところはお金と時間の自由はもちろんのこと人生そのものへの満足度も高めてくれるところです。

    これを聞くと今話題のFIREやサイドFIREのように株や債券を買い、会社の所有権を持つことで利益の一部をもらえるような資産所得でもいいのではと思うかもしれませんが本書では不動産がベストであるということが書かれています。

    FIREとは何かわからないという方はこちらの記事を読んで見てください。

    特に副業は大変そうだしFIREはハードルが高いと感じる人は不動産を資産として持つという選択肢を与えてくれる本です。

    本書を書いているのは泉正人さんという方で国内最大のマネースクールであるファイナンシャルアカデミーというスクールの代表をしています。

    ファイナンシャルアカデミーは17年という歴史のあるマネースクールで詐欺が多くできては潰れていく金融スクールの業界で長い歴史を持つ信頼のある老舗スクールです。

    では本書の内容に入っていきましょう。

    パラレルインカムのはじめ方 図解

    精神的にも経済的にも自由になる「パラレルインカム」とは?

    まず、人の労働形態には2種類あり自分が働くことで得られる「労働所得」と働かなくても自動的で定期的に得られる「資産所得」があります。

    そして、パラレルインカムとは働いて得る「労働所得」に加えて、自分のお金が働いて得られる「資産所得」を持つことで自分の人生、自分らしい人生を生きるメソッドです。

    つまり、労働所得という大きな木にプラスして「資産所得」という小さな苗木を新たに育て「2本のお金のなる木を持つ」というライフスタイルです。

    当ブログではよく株や投資信託がいいよという発信をしていますが今回は本書でおすすめされている不動産の話をしていきます。

    株や投資信託で資産を作りたいという方は『ほったらかし投資術』という本の記事を読んでみてください。

    なんとなく不動産は怪しいのではないか?と考える人は多いとおもいます。

    確かに詐欺やボッタクリが横行している不動産業界ですので生半可な気持ちでこの業界に入るとぼったくられるでしょう。

    ただ不動産オーナーと言う職業が実際にあることからもきちんと勉強すればちゃんとした仕事なのです。

    つまり今の労働による仕事をしながら、しっかりと勉強をして不動産について詳しくなり、不動産という資産所得を育てて行くというのが本書の結論です。

    特に人に任せるのではなく、不動産について勉強をしましょうというのが本書で言いたいことなので楽ではないことは覚えておきましょう。

    たまたまいい物件が自分のところに転がり込んでくることはないし、いい物件を探しに行っても1000件に2~3件くらいの割合なので勉強は欠かせません。

    パラレルインカムを実現する4つのステップ

    不動産の良さがわかったところでどのようにして不動産を買うお金がないという方に資産を買っていく4ステップを紹介していきます。

    結論から言うと

    • 労働所得を増やす
    • 資産構築をする
    • 資産所得を作る
    • 仕事でも自己実現を

    です。

    一つづつ見ていきましょう。

    労働所得を増やす

    まず資産を買うと言っても種銭がないと何もできません。

    そこで収入を増やす努力をしましょう。

    本書で書かれている労働所得を増やす方法の一つとして市場を変えるというやり方があります。

    例えばプロバスケットの世界で日本でプレーをしていたら年収は平均で1310万円になります。

    これでも多いと思いますが本場のアメリカの場合は10億円にもなります。

    つまり同じ人で同じ技術や経験を持っていても自分を別の「市場」に置くことで価値は何十倍、何百倍と跳ね上がるのです。

    いい転職を繰り返すと自分の理想的な市場で働くことができるのでまずは労働所得を増やしていく市場選定がとても大切です。

    資産構築をする

    次に資産の構築をしていきます。

    資産の構築をするポイントとしては支出のコントロールがとても大切です。

    特に労働所得が上がると必ず訪れるのは『ライフスタイルインフレーション』です。

    ライフスタイルインフレーションとは収入の上昇と比例して生活水準をあげて行くことでこの生活水準の上昇が資産構築の妨げになるのです。

    給料が上がったくらいで生活水準を変えないと思う方も多いかもしれませんが締切がある仕事で締め切りまでの期間が長ければ先延ばしにしてしまうという方は注意しましょう。

    ライフスタイルインフレーションの直し方としては2:6:2の法則があるので参考にしましょう。

    2:6:2の法則

    2:6:2の法則とは先取り貯金:生活費:自己投資を2:6:2の割合で分けて生活しようと言うものです。

    バビロンの大富豪という本でも1割を貯蓄しろという教えがあるように先に貯金に回すお金や投資に回すお金を取っておくことがお金の管理には大切なのです。

    こうすることで給料が上がると同時に貯蓄額も増えていきます。

    資産所得を作る

    貯金ができたら資産を作っていきます。

    ここで大切な考え方としてはキャピタルゲインからインカムゲインへと移行していくことです。

    まずキャピタルゲインとは値上がり益で利益を取っていく投資手法です。

    インカムゲインとは資産から受け取る継続的な利益のことです。

    つまり不動産でも株でも値上がりしていく物件から資産から配当や家賃収入が入ってくる仕組みに移行していきましょうということです。

    今回は不動産入門ということなのであまり詳しい話は今後にしていきますが簡単な法則だけ紹介しておきます。

    200倍の法則

    200倍の法則とは物件の相場を見極める法則で近くの物件の家賃を200倍した額がその物件の相場になるという法則です。

    家賃にいくら払うかや実際に物件を買うときに使えそうですね。

    7割の法則

    7割の法則とは30年後に資産価値は7割残っているかで買う物件を判断するという法則です。

    これも近くの物件の築年数でどれだけ価値が下がっているかで判断します。

    築10年、20年、30年の物件を見て累算するようにしましょう。

    価格で買うのではなく長期的な視点で価値を見ることが大切なのです。

    仕事でも自己実現を

    最後に資産を買った先にあるお話としてライフワークバランスについて話していきます。

    ワークライフバランスとは仕事とプライベートのバランスのことで仕事ばかりしてても家族や自分の時間が取れなくなるし、プライベートだけでもお金や将来の心配があるのでバランス良くしましょうという考え方です。

    これを考える上で大切なことは将来どうなって居たいかを考えることです。

    仕事をどれくらいに減らしてプライベートを充実させる道を選びたいのであればどれくらいの割合をどこに当てるのか数字を書いておくといいでしょう。

    理想の未来のために自己を見つめ実現していきましょう

    なぜパラレルインカムは「FIREの5倍ラク」なのか?

    ここまで見てきてサイドFIREと変わらないのではと思う方も多いと思うのでFIREとパラレルインカムの違いについて見ていきましょう。

    FIRE「4%ルール」の落とし穴

    FIREには4%ルールというものがあります。

    これは米国の株の債権に50%ずつ資産をため自分が設定した額まで行ったら、後は4%ずつ崩せは資産が減ることはないという研究結果によるものでした。

    例えば資産1億円をためた場合、年間で400万円に支出を抑えれば減らないので一生食べるのに困らないというものです。

    詳しくは『FIREとは?』という記事で書いているので読んでみてください。

    ただ、ここには落とし穴があり、1億円貯めることが大変すぎるという問題です。

    サラリーマンの平均的な生涯年収が2~3億円と言われている中3割もの額を投資に回し、一生かけてたどり着く額なので早期に引退することは不可能なのです。

    そして1億円ためたとしても400万円しかもらえないという割の悪さがあります。

    一生をかけてやっとためた1億円でもサラリーマンの平均的な給与しかもらえないという額になります。

    また、もしもFIREを達成したとしてもかなり退屈だそうです。

    社会から阻害され何も価値を提供されていないという気持ちになり、精神的にも孤独を感じてしまいます。

    孤独を楽しめたり新しいコミニュティを開発していくバイタリティは必要になるでしょう。

    不動産投資メリット

    一方で不動産投資をしていると株式投資より資産効率がいいのでレバレッジをかけて本当に早期で資産所得を得ることができます。

    株を買うと行っても銀行はお金を貸してくれないのですが不動産を買うといえば銀行はお金を貸してくれます。

    例えば2000万円の元本でも銀行からお金を借りて1億円にして400万円の利益を得ることができます。

    つまりFIREの1/5で定期的なで継続的な収入を得ることができるのです。

    ただ、レバレッジを掛けている分リスクは高くなりがちなのできちんとしたリスクヘッジや不動産に対する知識は必須になります。

    最後に儲か労働所得を増やす
    資産構築をする
    資産所得を作る
    仕事でも自己実現をるから不動産買いませんか?というような誘い文句は詐欺です。

    儲け話は自分から取りに行かないと見つかりません。

    詐欺やボッタクリには十分に気をつけましょう。

    まとめ

    パラレルインカムのはじめ方の要約をしました。

    パラレルインカムとは働いて得る「労働所得」に加えて、自分のお金が働いて得られる「資産所得」を持つことで自分の人生、自分らしい人生を生きるメソッドです。

    労働所得という大きな木にプラスして「資産所得」という小さな苗木を新たに育て「2本のお金のなる木を持つ」というライフスタイルです。

    パラレルインカムを始める手順としては1,労働所得を増やす2,資産構築をする3,資産所得を作る4,仕事でも自己実現をという順番でやっていきましょう。

    FIREの4%ルールには落とし穴があり、1億円という資産を貯めることが難しかったり、1億円ためても400万円しかもらえないという割の悪さがあります。

    最後に不動産業界は詐欺やボッタクリが多いので注意しましょう。

    −参考図書−

    以上

    パラレルインカムのはじめ方 アイキャッチ

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    シェアはこちらから!!!
    • URLをコピーしました!
    目次