【EX予約・スマートEX】新幹線で旅行をする前に知っておきたいお得情報

新幹線で旅行をする前に知っておきたいお得情報

旅行や仕事の出張で新幹線を利用することもあるでしょう。

早く移動ができて飛行機よりも気軽に利用ができるので便利に使う方も多いと思います。

しかし新幹線は料金というのは安くする方法がたくさんあります。

その中でも今回はEX予約とスマート予約について解説していきたいと思います。

この2つのサービスはどちらも東京〜博多間を通る東海道新幹線と山陽新幹線の新幹線をネットを使って割引価格で予約ができるサービスです。

つまり、東京から博多までの間の新幹線を予約するのに使うサービスです。

そして結論から言いますと年に1〜2回確実に新幹線を使うという方はEX予約のほうがよく、ライトユーザーの方で年に1回も新幹線に乗らない方はスマートEXがいいでしょう。

ではそれぞれの特徴について見ていきましょう

EX予約

割引

まずはEX予約のです。

EX予約は対応するクレジットカードの付帯カードとして申し込むことができる新幹線をお得に乗ることができるサービスです。

この予約ービスを使うことによって乗車料金がかなり安く抑えることができます。

例えば東京〜新大阪間ののぞみを利用したいと思った場合通常の運賃だと14720円になります。

しかし、EX予約を利用した場合は13620円と1100円の割引がされるのです。

この割引は後でデメリットの方でもお話しますが年会費の1100円をペイできるので年に1回東京〜大阪に行かれるという方はこのサービスを利用することによって後で述べるメリットを受けることができますしそれ移行予約した新幹線でもずっと割引が適応されるので年に1〜2回新幹線に乗る方は必須と言えるでしょう。

変更は無料

次のメリットとしては予約を何度でも手数料無料で変更ができるという点です。

これは購入日から3ヶ月の間で発車4分前までにであれば何度でも予約を変更することができます。

ただ改札を入場してしまうと変更ができなくなりますので注意しましょう。

キャンセル料

キャンセル料もお得になります。

EX予約で予約した場合、新幹線をキャンセルしたいと思ったら320円の手数料はかかりますがそれだけでキャンセルができます。

通常の切符の場合は特急料金の30%がキャンセル料になってしまうので東京〜大阪間を予約していてそれをキャンセルした場合、1740円がかかってしまいます。

それに加えて乗車券の220円も返ってこないので合計で1960円がキャンセル料としてかかってしまうので320円の安さは計り知れないでしょう。

交通系ICカードと連携

次にクレジットカードの付帯カードとして持つことができるEX予約ですがお手持ちの交通系ICカードと連携させてそれだけで新幹線に乗ることができます。

例えばsuicaカードを持っていてEX予約にそのSuicaカードを連携させておけばEX予約のICカードが無くてもお手持ちのSuicaカードだけで乗り降りができるのです。

これが最大のメリットで当ブログ筆者自身もこれが使えるなからこのサービスを利用しています。

私の場合はモバイルsuicaをappleWatchに入れているので実質時計で新幹線に乗れます。

荷物や改札の前でICカードを探すという煩わしさがないのでとても便利に使っています。

早割

最後に早割が聞くというメリットがあります。

21日前に買うだけで東京〜大阪間が11200円になります。これは3520円の割引になりますので早めに旅行の計画を建てるという方はとても便利に使うことができるでしょう。

また他にも3日前までに予約すると割引されたり2人以上で予約すると割引されますのでそういった条件に合う人はかなり安く利用することができます。

デメリット

ただEX予約にはデメリットもあります。

それは年会費が1100円かかってくると言うところです。

これは絶妙な値段設定で年に1〜2回利用すれば元が取れるのですが年会費は必ずかかってくるのであまり新幹線に乗らない方や飛行機のほうが利用する頻度が高いという方にとっては難しいところなのです。

当ブログ筆者はしばらくはEX予約を使っていたのですが飛行機ばかりになって新幹線を乗らない年があったので思い切って後で紹介するスマートEXに乗り換えました。

ただ新幹線に乗るという方はメリットの方が大きいのでおすすめはしたいと思います。

登録方法

登録方法としてはクレジットカードの中で株式会社ジェーシービー, 三井住友VISAカード、三菱UFJニコス株式会社、トヨタファイナンス、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、イオンフィナンシャルサービス、SMBCファイナンス株式会社、三井住友トランスクラブの会社のクレジットカードをお使いの場合はカード会社に申し込むことによって発行してもらえます。

この時クレジットカードとは別で1100円の年間費がかかるので注意しましょう。

お使いのクレジットカードの付属カードの欄から申し込むことができます。

わからない場合は電話で問い合わせてみてください。

またJR東海エクスプレスカードに入会して申し込む方法もあり、もしお手持ちのクレジットカードが対応しておらすどうしてもEX予約のサービスを利用したい場合はこちらを利用してもいいかもしれません。

こちらのカードはEX予約に特化したカードでポイントを貯めるとグリーン車に乗ることができます。

ちなみに以前紹介したSPGアメックスでも付帯カードとしてEX予約のサービスを利用できます。

よかったらこちらの記事も見てみてください。

新幹線

スマートEX

ではもう少しライトに利用したい方はスマートEXにするといいかもしれません。

当ブログ筆者は先程も言いましたが最初はEX予約を利用しておりましたが新幹線をあまり利用しなくなったこともあり、スマートEXに乗り換えました。

大きな特徴としては年会費無料でこのサービスを使うことができます。

ではその特徴を見ていきましょう。

割引

割引ですが通常料金から2〜300円割引になります。

東京〜大阪間の場合14720円かかりますがスマートEX14520円になり200円の割引になります。

閑散期と繁忙期によって値段は変わりますがこれくらいの料金が変わってきます。

変更無料・キャンセル料・交通系ICカードと連携

また、EX予約と同様に変更は何回でも可能になります。

これは購入日から3ヶ月の間で発車4分前までにであれば何度でも予約を変更することができます。

またこれもEX予約と同様でキャンセル料も320円になります。

そして交通系ICカードとも連携できるのでsuicaだけ持っていれば改札を通ることができるので荷物が減ります。

このように割引率以外は同等のサービスがついてきます。

登録方法は簡単でこちらから名前、生年月日、クレジットカート、交通系ICカードの番号をいれていけば登録完了です。

5分ほどで完了します。

https://smart-ex.jp/top.php

アプリもあります。

EXアプリ

EXアプリ

Central Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

まとめ

単に安くしたいのであれば年間費は無料のスマートEXに登録しておくだけで普通にきっぷを買うよりも安く、ネットできっぷを買えて、変更も何度もでき、交通系ICカードを連携させることができます。

そしてもう少し割引率を意識して年に1〜2回新幹線を利用するのであればEX予約を利用するといいでしょう。

このように普通に窓口で切符を購入するとなんのメリットも受け取ることができません。さらには長い列に並んでだいぶ待たされます。

ただ、ネットで予約をするだけでお得に新幹線を利用ができるのです。

東京~博多までの区間だけになりますがお得に利用していきましょう。