【おすすめのクレジットカード】旅行好き必見、SPGアメックスを徹底解説

旅行好き必見、SPGアメックスを徹底解説

クレジットカードを選ぶにあたってどんなカードを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

もちろんよく行くスーパーマーケットやガソリンスタンドなどのカードを選べばそのスーパーやガソリンスタンドで還元を受けられたりサービスを受けられるというようなクレジットカードもあります。

そういったよく行く場所でクレジットカードを選ぶというのはありな選択です

ただ、今回は旅行好きには必見で万人が嬉しい特典が付帯しているコスパ最強のクレジットカードである『SPGアメックス』を紹介していきたいと思います。

このカードは年に一回国内外に旅行に行っているというような旅行が好きで高級ホテルやリゾート地などにも興味があるというような人は持っていて損のないクレジットカードになります。

まずこのクレジットカードを持つにあたってデメリットとしては34100円の年会費がかかってしまうという点です。

コスパ最強と言いながらクレジットカードを持つだけで3万5000円近くの年会費を払うなんて高すぎるのではと考えるかもしれませんが後でお話するメリットが凄まじすぎるのでまずは34100円が年間費として支払えるかどうかを考えて見るといいかもしれません。

このくらいの年会費であれば携帯代を安くしておいたり、電気代を安くすることでペイできる程度の年間費です。

携帯代を安くする方法についてはこちらの記事を

電気代を安くする方法はこちらの記事を確認してみてください。

SPGアメックス

では、SPGアメックスについてお話していきます。

正式名所はスタープリファードゲストアメリカンエキスプレスカード()でこれの頭文字をとってSPGアメックスと呼ばれています。

このカードはアメリカンエキスプレスとマリオット・インターナショナルが提携して作られたクレジットカードです。

アメリカンエキスプレスとはクレジットカードの会社でVISAやMasterカードなどと並ぶ5大クレジット会社のひとつです。

そしてマリオット・インターナショナルとは高級ホテルグループの会社でそこに加盟しているのがマリオットホテルやリッツカールトン、ウエスティンホテル、シェラトンなど一度は聞いたことがあるような高級ホテルでそのグループをまとめているのがマリオット・インターナショナルということです。

このホテルグループは名実ともに世界一のホテルグループなのです。

つまりは高級ホテルグループとクレジットカード会社が提携して作られたのがSPGアメックスということになります。

そりゃ34100円の年会費がかかるよなーとなるくらいのビックなコラボなのです。

ではなんでこのホテルのクレジットカードがおすすめなのかを簡単に箇条書きにしておきます。

  • ホテルに泊まるときに優遇
  • マイル移行
  • 旅行サービスが充実

などのサービスがあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

ホテルに泊まるときに優遇

無料宿泊券

こんな高級ホテルのクレジットカード持っていても普段泊まる機会なんてないし庶民には関係のないカードなのでは?と考える人も多いと思います。

しかし、SPGアメックスのコスパ最強と言われている理由のひとつとしては年に一回、先程言ったような高級ホテルに無料で宿泊ができるという点です。

高級ホテルに泊まる機会なんて普段はなかなかありませんが年に1回無料宿泊券がもらえるのであれば泊まってみたいと思いますよね。

年に一回近くの高級ホテルでゆっくり過ごすのもいいですし、旅行に行ってそのうちの1日を高級ホテルでゆっくり過ごすのもありで使い方や時期は自分で決めることができるというのもすごいところなのです。

そして部屋のグレードも時期によりますが高い部屋だと普段一泊10万円くらいの部屋が空いていることもあります。

そして対象のホテルは国内外7000以上ありお住まいの地域にも近くにある可能性あ高いです。

また、この特典を使用できない日はないというのも嬉しい点です。

ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期であっても部屋があいていれば泊まることができます。

ただ閑散期にホテルの無料券を使ったほうがいい部屋が空いている可能性が高いです。

使える場所が多く、特典使用不可日がないので無料宿泊券を使いそびれる心配がないという点はかなり良心的だと思います。

ゴールドエリート

SPGアメックスの特典としてはマリオット・インターナショナルのゴールドエリートという上級会員になれるという点です。

上級会員になるとさきほど言った高級ホテルで宿泊する場合、午後の2時まで部屋にいることができるレイトチェックアウトのサービスが受けられたり、無料で客室をアップグレードしてくれたりと普段は体験することができない特典を得ることができます。

これは意外と助かるサービスで前日に飲みすぎてしまって朝から動きたくないときや飛行機の時間までもう少し部屋にいれたらなと思えばもう少しゆっくりできるのです。

そしてこの特典は年会費が10万円クラスのプラチナカードに付帯するような特典なので34100円で上級会員になれるのはかなりお得でしょう。

マイル移行

ポイント

次に、SPGアメックスで貯めることができるポイントについてお話していきます。

SPGアメックスはマリオットボンボーイポイントを貯めることができます。

普通のクレジットカードは普段のお買い物をすることで100円で1ポイントや0.5ポイントなどのポイントを得ることができます。

そしてその溜まったポイントを提供している会社で使えたりできます。

そして裏技的ではありますが溜まったポイントを移行して他の会社でも使うことができるのです。

個人的におすすめな使い方としては航空会社のマイルに変えると還元率が一番高いです。

詳しいやり方についてはこちらの記事をいてみてください。

航空会社にポイントを移行する際に還元されるマイルが少なくなってしまう場合があります。

例えば1000ポイントをマイルに移行しようとすると600マイルになると言った具合に還元率が下がってしまうパターンもあります。

それを踏まえてSPGアメックスのポイント制度を見てみると少し癖のあるポイント制度なのですがまず100円で3ポイント溜まります。そしてマイルに変える場合は3ポイントで1マイルになります。

つまり、100円=3ポイント=1マイルでマイルの還元率は1%です。

さらにマイルに変える際、60000ポイントをまとめて変えることにより通常だと20000マイルになるのですがボーナスで5000マイルが追加で貰えるので25000マイルになり還元率が1.25%になります。

一回3ポイントもらっているので下がっているように見えるかもしれませんがマイルへの還元率は125%とかなり高還元で他のクレジットカードの60%や70%などとは比べ物にならないくらいの高還元なのです。

前にも上のリンクの記事でも書いていますがSPGアメックスを利用してマイルを貯めることで生活水準にもよりますが、1年間でハワイを往復するくらいのマイルを貯めることができます。

年間費が34100円ではありますがそれでハワイを往復することができホテルに一泊できればコスパとしてはかなりいいでしょう。

これがSPGアメックスがコスパ最強と言われる所以なのです。

申込みはこちらから▼

http://amex.jp/share/eI8pG?XLINK=MYCP

有効期限

そしてポイントを貯める場合は有効期限があります。

マリオットボンボーイポイントは最後に利用してから2年間が有効期限ですがポイントが加算されるとそこから2年というようになります。

つまり、定期的にポイントが加算されれば無期限でポイントを持つことができるというわけです。

一方、航空会社のポイントはマイルが加算されてから3年で有効期限がきてしまい、延長する制度はありません。

つまり、3年に1回は特典航空券などでマイルを使わないとマイルは失効してしまうのです。

ここがマイルの落とし穴なのですがSPGアメックスを使うことによって無期限にポイントを貯めつつ使いたいときに使いたい分だけをマイルに変えることによってポイントを失効してしまうリスクを抑えることができるのです。

国内ならまだためやすいですがもっと遠くのヨーロッパやアメリカ本土に行こうと思ったら3年間の有効期限までにマイルを貯めなくてはならず、たまらなかったらどんどんマイルが失効して行ってしまうので無期限で貯めることができるSPGアメックスがかなり有利なのです。

豊富な移行先

まだまだ他にもメリットはあります。

次はマイルの移行先です。

マイルを移行する交換先である航空会社と言ったら日本人であればANAやJALを想像する方が多いのではないでしょうか?

もちろんそれらの航空会社に移行することは可能ですが実はその他にもアメリカ航空やシンガポール航空など世界の40以上の航空会社にポイントを移行することもできます。

それの何がすごいの?と思われるかもしれません。

かなり上級的な使い方になりますがこの日本以外の航空会社を使うことによって貯めるマイルを2/3とかに抑えることもできたりします。

交換する前に軽く調べてみてもいいかもしれませんね。

また、もし特単航空券をマイルで交換する際に足りなかった場合、マリオットボンボーイのポイントを購入することができます。

少し割高ではありますがもともとちょっと足りないから諦めるよりはちょっとだけポイントを買って特典航空券を買うというのは意外とお得な選択になる場合もあります。

バランスを見ながらそういった選択肢もあることを念頭においておきましょう。

旅行サービスが充実

旅行のサービス

旅行の際のサービスとしてもSPGアメックスはかなり有能です。

当ブログ筆者がよく利用する特典であり利用頻度が一般的に高いものを紹介してみます。

様々なサービスがあるのですが飛行機を使って国内外の旅行をする場合は

  • 航空ラウンジ(同伴者一名無料)
  • スーツケース無料宅配
  • 海外旅行中の日本語サービス
  • 保険

などなど旅行に特化したサービスが付いてきます。

航空ラウンジ(同伴者一名無料)

航空ラウンジとは飛行機に乗る場合にに本来有料でフライトまでの間待つことができる待合室のようなところです。

このラウンジ内ではソフトドリンクはもちろん、アルコールや軽食などもすることができるエリアでフライトまでも時間をゆったりと待つことができます。

通常は一人1000円〜1500円程度で入ることができるのですがSPGアメックスを持っていれば無料で利用することができます。

また、これはゴールドカード以上のクレジットカードを持っていれば大抵はついているサービスです。

しかし、アメリカンエキスプレスのカードはさらに同伴者1名まで無料で利用することができて、もちろんSPGアメックスも同伴者1名無料で入ることができます。

注意点としては同伴者も航空券を持っている必要があるのとカードラウンジという検査場の外にあるラウンジを利用することができます。

場所は各空港で違うのでインフォメーションで必ず確認するようにしましょう。

検査場内に入ってしまうと別の有料ラウンジしかない場合があります。

スーツケース無料宅配

海外から帰国した場合荷物を無料で送ってくれるサービスがあります。

海外から変えると荷物も多いですし、長旅で疲れていることが多いのでできればいらないものは自宅に送ってしまいたいですよね。

SPGアメックスを待っているとそう言った煩わしい荷物を送ってくれます。

帰国の際にあまり利用しないものはまとめておいてカードを使って送ると旅がかなり快適になります。

海外旅行中の日本語サービス

次は日本語サービスです。海外に行くと一番不安なのは言語の壁でしょう。

アメリカンエキスプレスは様々な国に支社があるので海外旅行の際に大きな助けになってくれます。

レストランの予約をしてくれたり、チケットをとってくれたりとエンターテイメント系のサービスもありますし、病気や事故などで困った場合は医療機関の紹介や弁護士の紹介なんかも日本語でやってくれます。

こういった予約や紹介などは有料になりますが困った時の保険だと思えば安心して旅ができるのではないでしょうか?

保険

最後に国内外の旅行での保険についてです。

クレジットカードには旅行保険がついているのは結構有名な話ですね。

ただ規約書を見たけど何がいいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードの付帯する保険の味方はまず利用付帯か自動付帯かを確認しましょう。

利用付帯はカードを利用した際に保険が適応するタイプで自動付帯はカードを持っているだけで保険が適応します。

さらに保険の補償額を見る際は疾病と怪我の欄は確認しておきましょう。

海外の病院は高額になることが多いので200万くらいはほしいですね。

SPGアメックスは利用付帯で300万円の枠と自動付帯で200万円の枠があります。

これだけで安全とは言い難いですがまあまあ普通程度はあるかなという印象ですかね。

不安な場合は別で保険に入るか海外保険の強いクレジットカードをもう一枚持ってもいいかもしれません。

また国内外で使うことができる携行品保険もついてきます。

デメリット

ここまでメリットを紹介してきましたが次はデメリットも紹介していきます。

家族カードはメリットがない

まず家族カードはメリットがありません。

家族カードは親族が持つことができるクレジットカードで妻や旦那、子供にカードをもたせ一緒に引き落としてくれるというものです。

どうしても一緒に引き落としたかったりポイントをこのカードでためたい場合は作るのはありですがそれ以外はあまり作る意味はないでしょう。

SPGアメックスの家族カードは年会費がかかり17050円を支払わなくては行けません。

これは家族カードの中では高い方でコスパが悪いです。

さらにこの年会費を支払っても無料宿泊券がもらえたりゴールドエリートの特典は家族カードにつかないのであまり持つ理由がありません。

もしもどうしても家族カードは必要な場合はアメリカンエキスプレスゴールドを検討してみてもいいかもしれません。

家族カードの年会費が無料のカードです。

アメリカンエキスプレスは使えないところが多い

次にアメリカンエキスプレスは使えないところが多いです。

一昔前に比べるとかなり増えてはきているのですがそれでもたまに見かけたりします。

VISAやMasterは使えるところが多いので一応予備として持っておく必要があるでしょう。

また最近ではpaypayが使えるところも増えているのでそういったPay系をSPGアメックスと紐付けることで使える場合があります。

この辺を利用することで現金しか使えないところ以外はある程度カードや電子決済を利用できるでしょう。

プライオリティ・パスがつかない

プライオリティ・パスとは海外旅行を利用する際に飛行場の検査場内にある航空ラウンジを使うためのカードです。

これがあると検査をしたあとにゆっくりと寛ぐことができるので飛行機が飛ぶギリギリまでゆっくりできるのです。

つまり先程言ったカードラウンジの上位互換です。

もちろんついているクレジットカードのほうが少ないのであると嬉しいなくらいなのですがSPGアメックスにはプライオリティ・パスはついていないので注意しましょう。

改善点

もしもプライオリティ・パスが欲しい場合は楽天プレミアムカードがおすすめです。

年会費は11000円かかりますが最もコスパよくプライオリティ・パスを持つことができます。

さらにプライオリティ・パスにもランクがあるのですが上位のランクになるので気兼ねなく使うことができます。

国際ブランドをVISAかMasterにすればSPGアメックスの弱点を補うことができますし、保険も怪我と疾病両方とも自動付帯で300万円ついてきます。

ECサイトでの買い物の際は楽天とアマゾンで値段の比較をするのがおすすめなのですが、楽天で買物をする場合は楽天プレミアムカードを決済に使ってアマゾンで買い物をする場合はSPGアメックスを使うとバランスがいいのではないでしょうか?

かなり相性はいいのでサブとして持っておくのもありですね。

年会費が跳ね上がってしまうので万人におすすめはできませんがこういったサブカードの選び方はとてもいいと思います。

年会費が気になるという方は一般の楽天カードを選んでもいいかもしれませんね。

楽天カードについてはこちらの記事を見てみてください。

審査が厳しい

SPGアメックスのデメリットとしてはそもそも持てない人がいるという点です。

最初にも言ったとおりゴールドカードの分類になりますので審査は一般カードより厳し目です。

一般的にゴールドカードを持てるのは30歳以上で年収が300万円以上ある方であると言われています。

もちろんあまり年収が高くなくても通ったという方は多いので一概には言えません。

少しでも可能性を上げたい場合や一回審査に落ちてしまったという人は一回一般カードを作ってそのカードを使い倒して実績を積み、半年たった頃にもう一度審査を受けるとカードを申し込むことができたりします。

これは審査するCICという会社があるのですがクレジットカードの利用実績がないとカードの発行をためらうカード会社があるのでまずは利用実績を積んでから半年に1回位のペースで申し込むのがいいと思います。

まとめ

旅行が好きな人はSPGアメックスがおすすめです。

ホテルに泊まるときに優遇、マイル移行、旅行サービスが充実など様々な特典があります。

特に年に1回高級ホテルへの宿泊が無料になったり航空券に変えることができるマイルもためやすいので普通に生活しているだけで年に一回旅行ができます。

他にもマイルの有効期限を伸ばしたりカードラウンジを使えたりと旅行に特化した特典が目白押しです。

サブのカードに楽天カードや楽天プレミアムカードなどにすると相性抜群です。

申込みはこちらから▼

http://amex.jp/share/eI8pG?XLINK=MYCP

以上