【三井住友カードゴールドNL】積み立てやコンビニ利用に便利なクレジットカード

積み立てやコンビニ利用に便利なクレジットカード

クレジットカードで金融商品が買いたいと考えている方やコンビニやマクドナルドを頻繁に利用しているという方には耳よりなクレジットカードがあります。

それが今回紹介していく三井住友カードゴールドNLです。

このカードは条件を満たすと年会費無料で持つことが出来ますしSBI証券でのクレジットカード積み立ても1%還元してくれます。

またセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社とマクドナルドでこのカードを使うと5%のポイントが貰えるので普段からこの辺をよく利用するという方には大変オトクなクレジットカードです。

当ブログ筆者もリリースされてからすぐに申し込んで今ではかなり愛用しているクレジットカードのひとつです。

それではクレジットカードについて詳しく見ていきましょう。

三井住友カードゴールドNLは2021年の6月からリリースされた比較的新しいクレジットカードですが三井住友と言うクレジットカードの老舗であり、最大手からでた新しいタイプのクレジットカードとして話題を呼びました。

当ブログ筆者が持っているお得なクレジットカードについての紹介はこれらの記事で紹介しておりますので良かったら読んでみてください。

NLって何?

このカードの特徴はなんと言ってもこのカードの名前の最後にあるNLでこれはナンバーレスの略です。

つまりクレジットカードなのに番号が券面に記載されていないということです。

ただ番号がないと不便なのでカード番号は携帯のアプリ内で確認することが出来ます。

この番号を使えばネットで買物も問題なく出来ますし番号がなくても物理カードとしても使えますし、リップルマークと言う非接触決済にも対応しているのでSuicaなどのようにカードをかざすだけで決済ができる画期的なクレジットカードです。

なので一時期コンビニでクレジットカードを渡したら番号を覚えられて不正利用されていたと言うニュースがありましたがこのカードは券面のどこにも番号がないので番号を見られる心配がないということですね。

そしてアプリでクレジットカード番号が確認できるのでカードを発行して審査に受かったらすぐに使うことができるというメリットもあります。

公式サイトでは最短5分で利用可能と言うように触れこんでいます。

僕自身もこのカードを発行の申込みをしたら1分くらいで審査結果がきてその後すぐにApple Payにいれて使うことが出来ました。

年会費永年無料

この三井住友ゴールドカードNLの年会費は通常5500円です。ただ条件を満たすと翌年から年会費が永年無料になります。

その条件というのが年間100万円の利用です。

そして永年無料なので一度条件を満たしてしまえばその後は全く使わなくてもずっと年会費無料で持ち続けることが出来ます。

つまり、カードを発行してそこから1年以内に100万円を三井住友ゴールドカードNLで使いさえすればあとは全く使わなくても年会費がかかることはありません。

ゴールドカードを年会費無料で持つことができるのは結構少ないのでお得度はかなり高いでしょう。

ただ注意したい点としては100万円利用の対象外になってしまう項目がある点です。

電子マネーへのチャージや後で解説しますがSBI証券でのクレジットカード積み立ても対象外になってしまうのでそのへんは注意が必要です。

詳しくは公式のホームページを良く読んでから対象外にならないかをチェックしながら使っていきましょう。

この100万円利用の条件を満たすことを巷では100万円修行と呼ばれているのですが修行を終えることで年会費無料で年会費永年無料で持つことが出来ます。

ちなみに当ブログ筆者は修行を終えて晴れて来年度から年会費永年無料でこのカードを持つことが出来ます。

僕の場合は初年度無料のキャンペーンがやっているタイミングでこのカードを持ち出したので年会費に関しては全く払っておりません。

もし三井住友ゴールドNL を持ちたいという方は初年度無料のタイミングを狙ってカードを作ることをおすすめします。

基本還元率

次に三井住友ゴールドNLの還元率は0.5%でVポイントとしてもらうことが出来ます。

この0.5%は少し低いかなと言う水準でデメリットになります。

しかしこのカードには100万円を利用した時に10000ポイントの上乗せがあります。

つまり100万円ちょうど利用した場合、通常ポイントの5000ポイントと合わせて15000ポイントになり還元率1.5%になります。

かなりの高還元になりますが100万円ちょうど利用するというのは現実的ではありませんし、100万円を超えて多く利用すればするほど還元率は下がるので管理費用を考えるとコスパは悪いのかなと言う気がします。

10000ポイントはおまけ程度に考えるのが現実的でしょう。

また、『ココイコ』と言う3店舗を選んでその対象店舗で使うとポイントが0.5%〜4.5%上乗せでポイントが貰える制度があります。

よく行く店舗があれば登録しておくと1%還元になりますので近所のお店を登録しておくと良いでしょう。

ただあまり魅力的なサービスではないので合う人には合うかな程度です。

メインにはなりづらいカードかなと思いますがサブとしては結構使える感じですね。

コンビニ3社+マクドナルドで最大5%還元

次に特徴としてはコンビニ3社+マクドナルドで最大10%還元になります。

これは簡単に利用できるのでコンビニやマクドナルドをよく利用するという方はこのカードを作るとかなり重宝します。

この機能は通常版の三井住友カードNLでも同じように使うことが出来ますのでこちらも検討してみても良いかもしれませんね。

三井住友カードNLについては後ほど紹介します。

コンビニ3社というのはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンです、そしてそれに加えてマクドナルドで利用する場合も5%還元を受けることが出来ます。

このコンビニやマクドナルドで10%還元というのはかなり還元率が高いです。

セブンカードプラスというセブンのクレジットカードを使っても1.5%還元になりますし、ファミマTカードというファミマのクレジットカードを使っても2%還元です。

コンビニ界では最強クラスの還元率になりますのでかなりお得に使うことができるでしょう。

まずコンビニやマクドナルドで三井住友ゴールドNLを使う場合はタッチ決済を利用することで5%の還元を受けることが出来ます。

更に家族の中に三井住友カードを持っている人がいれば一人に対して1%の還元を受けることが出来、最大10%の還元になります。

これは家族ポイントというサービスなのですがもし家族の三井住友カードを持っている方がいれば最大5人まで登録するとかなりお得です。

現実的には家族に三井住友カードを作ってもらうことは難しいかもしれないのでタッチ決済の5%を狙いに行くのが良いでしょう。

タッチ決済はVISAの場合は『VISAタッチ』と呼ばれマスターカードの場合は『マスターカードコンタクトレス』と呼ばれます。

コンビニやマックではVISAの場合は『VISAで』、マスターカードの場合は『マスターカードで』と国際ブランド名をいえばこれらのタッチ決済を使うことが出来ます。

セルフレジの場合はクレジットカードで支払うを選択すればタッチ決済を使うことが出来ます。

最後にレシートにCLと書いてあるかを確認しておきましょう。

これはコンタクトレスの略でタッチ決済を使った証になりますので最後にチェックしておくといいですね。

たまにIDで支払ってしまったりすることがありますがもちろんこれだと5%や10%還元に還元にはならないので注意しましょう。

SBI証券

SBI証券

次にSBI証券でクレジットカード積み立てができます。

これが個人的には一番の魅力かなと思っています。

クレジットカード積み立てとは証券会社で金融商品を購入する際一定額を定期的に購入するドルコスト平均法という投資手法があるのですがこの金融商品の買付をクレジットカードで毎月一定額を自動で積み立ててくれるサービスというのがクレジットカード積み立てになります。

初心者におすすめのドルコスト平均法という投資手法についてはこちらで詳しく解説しているのでこちらを見てみてください。

この毎月一定額を自動で積み立ててくれるサービスをどこかで見たことがあるという方はお目が高いです。

これは楽天証券と同じサービスで楽天カードと楽天証券でも同じことが出来ます。

楽天証券でのクレジットカード積み立てについてはこちらの記事を読んでみてください

どちらもおすすめのサービスなのでどちらかを設定しておけばいいです。

ただ楽天にあまりいい印象を持っていなかったり、このサービスというのは月に5万円までの積み立てしかポイント還元がされないサービスになるので楽天ですでに5万円の積み立てを設定していてまだ余裕があるという方はSBI証券を利用してみても良いかもしれません。

また、楽天証券では保有している金融商品ごとにポイントが貰えるサービスがなくなってしまうので今証券会社をおすすめするならSBI証券です。

SBI証券 ネクシィーズ・トレード

当ブログ筆者もSBI証券でも積み立てをしていますが楽天にはないようなSBI-Vシリーズなどの金融商品があるのでこういった金融商品に興味がある方はおすすめです。

三井住友ゴールドNLを使ってクレジットカード積み立てをすることによって1%還元を受けることが出来ます。

つまり、5万円の積み立てで500ポイントが毎月入ってくることになります。

後で説明しますがこの還元率は三井住友ゴールドNLの還元率で他のクレジットカードは違いますのでカードを選ぶ際の基準にするのもありです。

一般カードとプラチナカード

そして三井住友ゴールドカードNLにはゴールドとありますがこのカードには通常版の三井住友カードNLとプラチナクラスの三井住友カードプラチナNLがあります。

これらのカードは基本的にはサービス内容は似ているのですが質がかなり違います。

通常版の三井住友カードNLは年会費無料で基本還元率が0.5%でSBIでの積み立ても0.5%です。

またゴールド特典であるラウンジやゴールドデスクは使えませんし100万円使っても1万ポイントのプレゼントはありません。

同じ年会費無料ならなんとか条件を満たしてゴールドを持ったほうが良いですね

SBI証券での積み立てで0.5%というのもあまり魅力的ではないのでコンビニやマックを頻繁に利用しSBI証券の積み立てもライトユーザーという方におすすめです。

またプラチナクラスの三井住友プラチナプリファードNLもあります。

このカードは年会費33000円がかかりますが基本還元率が1%で特約店では更にポイントが上乗せされます。

特約店はANAやさとふる、ETCなど生活で使うような特約店も結構あります。

そしてSBIでの積み立てで2%の還元されます。

ただ年間費が高いので損益分岐点を計算するとざっくり年間300万くらいなおかつ月3万円の積み立てをするとゴールドよりもお得に使うことが出来ます。

マックやコンビニをよく使う方やSBIでの積み立てをしっかり使いたい方はおすすめです。

年間300万はハードルが高いですがよく利用するお店が特約店の場合は結構簡単に元が取れる場合もありますので検討してみても良いかもしれませんね。

ゴールドカード特典

最後に三井住友ゴールドカードのゴールドカード特典についてです。

まず、ゴールドカードなので空港ラウンジが使えます。

飛行機に乗る際、ゴールドカードを持っていると出発前の基本的に手荷物検査より前でカードラウンジを使うことが出来ます。

その中ではお酒やソフトドリンクが飲めたりちょっとしたおつまみがあったり間仕切りされた机や開放的な空間で談笑できたりと飛行機に乗る前の時間を有意義に使うことが出来ます。

当ブログ筆者自身もよくこのカードラウンジはよく使っていて手荷物検査場より前にあるというのが便利で出発前に荷物を整理したりお酒を飲みながらゆっくり過ごしたりととても重宝しています。

他にもゴールドデスクが利用できたり、国内外の旅行傷害保険がついたり、ショッピング補償や宿泊予約サービスのリラックスで5%OFFで割引価格での宿泊が出来ます。

おすすめの作り方

クレジットカードなどを作る場合はポイントサイトを経由して作るのが一番オトクです。

ポイントサイトを頻繁に使って1ポイントでも多くポイントを得ようとするのはコスパが悪いですがクレジットカードなどを作る場合は結構大きなポイントバックが返ってくるのでコスパが一気に高くなります。

下記のポイントサイトは大手ですので安心して使えますしキャンペーンも頻繁に行っておりますのでこのへんで作ってあげるとお得です。

moppy▼

https://pc.moppy.jp/

ハピタス▼

https://hapitas.jp/

ECナビ▼

https://ecnavi.jp/

まとめ

三井住友ゴールドカードNLについてお話してきました。

このカードは条件の年間100万円利用をするとその後ずっと年会費無料でゴールドカードを持つことが出来ます。

三井住友ゴールドNLの特徴としてはコンビニ3社とマクドナルドをタッチ決済すれば最大10%の還元を受けることが出来ます。

現実的にはタッチ決済で5%還元を受けるのが効率的です。

また、還元率0.5%でSBI証券の投資信託をクレジットカード積み立てをする場合は1%還元になります。

還元率が0.5%と少し低めなのでメインのカードにはなりづらいですがサブカードとして積み立てのためやコンビニでの利用アメックスやダイナースなどの国際ブランドを使用している場合はそれらが使えないところでは三井住友ゴールドNLを使うと良いでしょう。

カードを作る場合はポイントサイトを経由して作りましょう。